SEO対象キーワードの選定方法 (SEO対策のスマートシステム)

SEO対策トップ > SEO対象キーワードの選定方法

SEO対象キーワードの選定方法

検索数が比較的多く、御社のビジネスを端的に表すワードや、購買に直結するワード1〜2個に対策するのが標準的です。

費用はキーワードの施工難易によって異なります。字数が少なく、一般的な言葉になればなるほど、難易度が上がる傾向があります。また、SEOを行っている競合サイトが多い場合も難易度が上がります。

1単語ですと検索数は多いですが、難易度が上がるために、ビジネスSEOプランでは費用が高くなります。組み合わせワードであれば、難易度が下がるために費用は安めになるものの、検索数が少なくなってしまいます。この点のバランスを取る必要があります。

一度に数多くのキーワードを対策することはお勧めしていません。
その理由は、キーワードの数だけ着手金や成果報酬がかかり、割高になってしまうためです。
また、同時での対策は、パワーが分散しやすく、成果も逆に出にくくなることが経験的に
分かっています。

多くのキーワードで上位表示を狙う場合は、多くのキーワードを支えられるだけの大規模なサイトを構築し、時間を掛けて1つ1つのキーワードで上位表示を達成していくことになります。
なかなか時間がかかります。
短期で結果を出すのであれば、キーワードごとにドメインを取得して、キャンペーンサイトをキーワードの数だけ立ち上げるというのもひとつの方法です。

キーワード選定のコツ

・ネットでの集客を主体として営業範囲を全国をターゲットとする場合、ビッグワードと言われる検索数の多いワードが、費用はある程度かかりますが、集客性の良さからメリットがあります。
(例) 「通販」「ローン」など

・専門性がある場合、組み合わせワードにすることで、ニッチを狙うことが出来ます。
(例) 「明太子通販」「学生ローン」など

・営業範囲が地域主体で電話帳掲載業種の場合、地域名+業種といったワードは費用が割安で、かつ、有効な見込み客を集められるニッチワードになります。
(例) 「町田市 不動産」「神戸 ホテル」など

お見積り・ご相談(無料)のお申込み お電話でもお気軽にお問い合わせ下さい 03-3584-7382

SEO対策はスマートシステム